読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結論:結局は娯楽 しかし、勝つに越したことはない。

とある強豪ギルドにいる方が、超大人数ギルドに数の前に敗れたそうです。現状の√される仕様は一見、量より質なようで、やはり質より量な一面もあります。


ギルド戦に関しては、「プロローグ」と銘打ってあるだけに、やや不備が多く感じます。一番言われるのはやはりサーバーの脆さかな。その後の復帰可能性がほぼ絶望的なのも痛いです。

切断しました→再ログイン→一瞬だけ転送される→画面が真っ暗→停止


停止後→RS強制終了→RS再起動→再ログイン→古都のイベガ前にたたずむ→GvG会場へ


復帰しようと思えば、こんな手順を踏まなければなりません。少数精鋭の質重視ギルドの場合、切断による戦線離脱は致命的。最初のログインの成否で勝敗が決まってますほとんど…。


他の不備は、やはりサーバーの重さに起因するものでしょうけど、移動時に固まることだったり、スナイプバグだったりetc... バージョン1にもなってないゲームに完璧を求めるのは筋違いかもしれませんが、対応してほしい、もしくは対応している姿勢だけでも見せてほしいもんです。




と、やや話がそれましたが、現在のところ、特にギルドのランク分けもなく、人数制限も一切ないので、3倍以上の人数がいるところと戦わなければならないこともしばしばあります。さらに切断も相俟って、フルメンバー10人の都合がついたとしても、参加者は5人とかになったりして、3倍が4〜5倍に膨れがあることもしばしば。


そうなると、どちらも作戦はほぼ限られてきます。とはいっても、多いほうは作戦なんてないですね。bis天使の数にあわせてPT作って策敵して適当に殴るだけ。

少ない方*1は、pot連打しつつある程度倒します。しかしながら、3倍だとか5倍だとかの人数いるところだと、まず100%potが終わりの時間or全滅までは持ちません。ポータークエ6まで終わっていたってイベントリの数なんてたかがしれてますから。よって、potが少なくなっていたら局所でゲリラ戦法を展開せざるをえないわけで。
おそらく、どの少数ギルドも似たり寄ったりな戦法だとは思いますね。


こうなった場合、大体言うこと、思うことは決まってます。


多い方は、卑怯だ。逃げ回るな。その他煽り。中には一騎打ち希望とかもありますけど、だいたいこんなもんですね。

少ない方は、序盤に散々殺される方が悪い。戦力差がありすぎる。一騎打ちでこちらが勝ったとして、その後は?と、まぁ、こんなところでしょーか。


どっちもまぁ、もっともだとは思うんだけど、まともに戦えってのは多い方に明らかに有利な言い分。正々堂々戦えと言われても、それは有利な方から見た論理ですから。わーわー煽るのもみっともないけど、間接的に愚痴るのも同様かな。
しかしながら、少ない方も、逃げ回るんだったら、クラスによっては少々の装備が揃ってれば、まず延々と逃げ回れます。

申し込む際に相手ギルドの情報が一切見れません*2から、「事前に確認」なんてことも難しいし…。



こうやって書いてる際に、私の脳裏に浮かぶいくつかの極論ですら解決策が見出せないほどの不備があるわけで、それこそどうしようもない気もします。

ただ、負けて、楽しい嬉しいなんて思う人はまずいませんしねぇ。

*1:まぁ、うちもギルドもたいていは少ない方に属しますけど

*2:ギルド人数やギルドマスター名すらわかりません